ようこそ

わたしたちはプログラミング言語とプログラミン環境を研究しています。プログラミング言語・環境の理論・設計・実現方式を追求することで「プログミングをもっと楽しく」することが研究室の大きな目標です。主な研究テーマには次のものがあります。

  • より良いモジュールのためのプログラミング言語の理論・設計・実現方式。特にオブジェクト指向・アスペクト指向・文脈指向プログラミング言語や自己反映計算。
  • 効率の良いプログラムをより簡単に記述するためのプログラミング言語とその最適化手法。部分計算やプログラム変換技術を用いてGPGPUや大規模並列計算機向けプログラムを書きやすくすることなどが目標です。
  • 巻き戻しデバッガやコード推薦システムのような、豊富な計算資源や先進的なプログラム解析技術を用いたソフトウェア開発環境のための機能。

これらに限らず、プログラミング言語・環境に関する色々な研究を行っています。詳しくは研究プロジェクトのページをごらん下さい。この分野に興味を持つ学生・研究者を歓迎しています

, April 1, 2000. Category: news.

(English) Paper Presentation at ARRAY 2016

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 アメリカ英語 のみです。

2016年度 数理・計算科学系入試説明会が行われます

以下の日程で入試説明会が行われます。当研究室への進学を考えている場合は参加をご検討下さい。

  • 第1回 2016年5月7日(土) 14:00 (大岡山キャンパス)
  • 第2回 2016年5月13・14日(金・土)  (すずかけ台キャンパス)

詳細はこちらをごらん下さい。

, May 14, 2016. Category: news.

制約プログラミングに関する論文が情報処理学会論文誌(トランザクション)プログラミング/Journal of Information Processingに採録

Felgentreff, Hirschfeld, Graber, Borning, Masuharaによる論文「Declaring constraints on object-oriented collections」が情報処理学会論文誌(トランザクション)プログラミングおよびJournal of Information Processingに採録されました。

岡、蟹、夏目が研究室に所属しました。

学部4年生の岡明央、蟹暁、夏目敦之が研究室に所属しました。

岡:いっぱいプログラミングをしたいです。

蟹:よろしくお願いします。

夏目:コンピュータと仲良くなりたいです。

Members as of April 2016

Members as of April 2016

情報理工学院進学相談会 (1月30日, 2月20日, 3月26日)

情報理工学院の進学相談会が開催されます。特に学外からの大学院進学を検討している方は、ぜひご参加下さい。

詳細

Fernando Castor先生による講演会

Title: Small Changes Can Make a Big Difference: Two studies on the energy efficiency of programming approaches

Speaker: Fernando Castor (Federal University of Pernambuco, Brasil)

Date/time: 2 pm, Tuesday, March 22, 2016

Location: W911, Building West #8, Ookayama Campus, Tokyo Tech

Prof. Fernando Castor

(さらに…)

MODULARITY’16国際会議および併設ワークショップでの論文発表

以下の論文がMODULARITY 2016国際会議およびその併設ワークショップにて発表されます。

  • “Matriona: Class Nesting with Parameterization in Squeak/Smalltalk”, the Modularity Visions Track (authored by Springer, Niephaus, Hirschfeld, Masuhara)
  • “An Advice Mechanism for Non-local Flow Control”, Workshop on Foundations of Aspect-Oriented Languages (FOAL’16), (authored by Masuhara, Fujita, Aotani)
  • “Towards Improving Interface Modularity in Legacy Java Software through Automated Refactoring”, Workshop on Language Modularity À La Mode (LaMOD’16), (authored by Khatchadourian, Moore, Masuhara)
  • “Toward Fluent Module Interactions”, MASS 2016 – Workshop on Modularity Across the System Stack, (authored by Kamina, Aotani, Masuhara)
  • “Lightweight Optimization Technique for Data Types à la Carte”, the Language Modularity à La Mode (LaMOD’16), (authored by Kiriyama, Aotani, Masuhara)
“Matriona: Class Nesting with Parameterization in Squeak/Smalltalk”, the Modularity Visions Track (authored by Springer, Niephaus, Hirschfeld, Masuhara)

“Matriona: Class Nesting with Parameterization in Squeak/Smalltalk”, the Modularity Visions Track (authored by Springer, Niephaus, Hirschfeld, Masuhara)

"Towards Improving Interface Modularity in Legacy Java Software through Automated Refactoring", Workshop on Language Modularity À La Mode (LaMOD'16), (authored by Khatchadourian, Moore, Masuhara)

“Towards Improving Interface Modularity in Legacy Java Software through Automated Refactoring”, Workshop on Language Modularity À La Mode (LaMOD’16), (authored by Khatchadourian, Moore, Masuhara)

“Lightweight Optimization Technique for Data Types à la Carte”, the Language Modularity à La Mode (LaMOD’16), (authored by Kiriyama, Aotani, Masuhara)

“Lightweight Optimization Technique for Data Types à la Carte”, the Language Modularity à La Mode (LaMOD’16), (authored by Kiriyama, Aotani, Masuhara)

Andrea Rosà氏による講演会

Title: AutoBench: Finding Workloads That You Need Using Pluggable Hybrid Analyses

Speaker: Andrea Rosà (PhD student, Università della Svizzera italiana, Switzerland)

Date/time: Friday, March 11, 2016.  11:00-12:00

Location: W911, Building West #8, Ookayama Campus, Tokyo Tech
(さらに…)

(English) Paper/Poster Presentations at PPL 2016

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 アメリカ英語 のみです。

PPL 2016でGPGPUのためのDSLコンパイラの形式検証に関する発表

朝倉増原青谷による論文 「GPGPU向けデータ並列コードテンプレートの形式検証」が第18回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2016) に採録されました.