About PRG Member



View all posts by PRG Member

PX 2017 にて データ構造のためのライブプログラミング について発表

増原今井青谷による論文 “Live Data Structure Programming” が The 2nd Edition of the Programming Experience Workshop (<Programming> 2017 と共同開催) で発表されます。

PPL 2017 でポスター発表

第19回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップでポスター発表を行います。

  • 検証済みコンパイラ CertSkel による GPGPU プログラム開発 (朝倉, 増原, 青谷)
  • ライブプログラミング環境によるプログラマの行動と生産性への影響に関する実証研究 (今井, 増原, 青谷)
  • Kanonライブプログラミング環境を用いたデータ構造のプログラミング (, 増原, 今井, 青谷)
  • Kani-CUDAによるGPGPUプログラムの合成 (, 朝倉, 増原, 青谷)
  • Iterative Stencil Computations in Ruby on GPUs (Springer, Wauligmann, 増原)

 

第113回情報処理学会プログラミング研究発表会で発表

以下の論文が第113回情報処理学会プログラミング研究発表会で発表されます。

  • バリア同期と共有メモリを備えたGPGPUプログラム合成器 Kani-CUDA (蟹、朝倉増原青谷
  • ライブプログラミングのためのデータ構造の可視化と対話機能 (岡、増原青谷)

CoqPL 2017で検証済み GPGPU 用 DSL についての発表

朝倉増原青谷による論文 “CertSkel: a Verified Compiler for a Coq-embedded GPGPU DSL” が CoqPL 2017 (POPL 2017と共同開催) で発表されます.論文はこちらからダウンロードできます.

Asakura's presentation at CoqPL'17

APLAS 2016で GPGPU 用 DSL の形式検証に関するポスター発表

1-20161122_152834
朝倉増原青谷によるポスター “Towards a Formally Verified Skeleton-based Data Parallel DSL for GPGPU” が APLAS 2016 で発表されます.

IPSJ-PRO にて ライブプログラミング環境におけるユニットテスト機能の設計と実現方法 について発表

第111回プログラミング研究会 にて 今井増原青谷により 「ライブプログラミング環境におけるユニットテスト機能の設計と実現方法」 という題で発表します。

本発表資料は 今井のホームページ よりダウンロードできます。

COP 2016ワークショップで論文発表

Springer, Masuhara, Hirschfeldによる論文 “Classes as Layers: Refactoring Design Patterns with COP” がECOOP 2016に併設される the International Workshop on Context-oriented Programming (COP 2016) にて発表されます。

ARRAY 2016ワークショップで論文発表

SpringerMasuharaによる論文 “Object Support in an Array-based GPGPU Extension for Ruby” がPLDI 2016に併設されるthe ARRAY ACM SIGPLAN 3rd International Workshop on Libraries, Languages and Compilers for Programming (ARRAY 2016)にて発表されます。
1-20160614_115422

岡、蟹、夏目が研究室に所属しました。

学部4年生の岡明央、蟹暁、夏目敦之が研究室に所属しました。

岡:いっぱいプログラミングをしたいです。

蟹:よろしくお願いします。

夏目:コンピュータと仲良くなりたいです。

Members as of April 2016

Members as of April 2016

MODULARITY’16国際会議および併設ワークショップでの論文発表

以下の論文がMODULARITY 2016国際会議およびその併設ワークショップにて発表されます。

  • “Matriona: Class Nesting with Parameterization in Squeak/Smalltalk”, the Modularity Visions Track (authored by Springer, Niephaus, Hirschfeld, Masuhara)
  • “An Advice Mechanism for Non-local Flow Control”, Workshop on Foundations of Aspect-Oriented Languages (FOAL’16), (authored by Masuhara, Fujita, Aotani)
  • “Towards Improving Interface Modularity in Legacy Java Software through Automated Refactoring”, Workshop on Language Modularity À La Mode (LaMOD’16), (authored by Khatchadourian, Moore, Masuhara)
  • “Toward Fluent Module Interactions”, MASS 2016 – Workshop on Modularity Across the System Stack, (authored by Kamina, Aotani, Masuhara)
  • “Lightweight Optimization Technique for Data Types à la Carte”, the Language Modularity à La Mode (LaMOD’16), (authored by Kiriyama, Aotani, Masuhara)
“Matriona: Class Nesting with Parameterization in Squeak/Smalltalk”, the Modularity Visions Track (authored by Springer, Niephaus, Hirschfeld, Masuhara)

“Matriona: Class Nesting with Parameterization in Squeak/Smalltalk”, the Modularity Visions Track (authored by Springer, Niephaus, Hirschfeld, Masuhara)

"Towards Improving Interface Modularity in Legacy Java Software through Automated Refactoring", Workshop on Language Modularity À La Mode (LaMOD'16), (authored by Khatchadourian, Moore, Masuhara)

“Towards Improving Interface Modularity in Legacy Java Software through Automated Refactoring”, Workshop on Language Modularity À La Mode (LaMOD’16), (authored by Khatchadourian, Moore, Masuhara)

“Lightweight Optimization Technique for Data Types à la Carte”, the Language Modularity à La Mode (LaMOD’16), (authored by Kiriyama, Aotani, Masuhara)

“Lightweight Optimization Technique for Data Types à la Carte”, the Language Modularity à La Mode (LaMOD’16), (authored by Kiriyama, Aotani, Masuhara)

Next page →