GPGPUプログラミングのためのRuby言語処理系Ikra

「イクラは海のルビーです」(Picture is by baron valium, CC BY-SA 2.0)

「イクラは海のルビーです」(Picture is by baron valium, CC BY-SA 2.0)

GPGPUはその性能が注目される一方で、プログラミングの手間が問題となっています。そこで、Rubyからの言語変換により簡単にGPGPUプログラムを作成することのできる言語処理系Ikraを提案します。言語変換という手法を用いることにより、カーネル(GPU実行部)内もRubyで記述することが可能となります。

https://prg-titech.github.io/ikra-ruby/

メンバー

論文など

  • Matthias Springer and Hidehiko Masuhara, Object Support in an Array-based GPGPU Extension for Ruby
    Proceedings of the 3rd ACM SIGPLAN International Workshop on Libraries, Languages, and Compilers for Array Programming (ARRAY’16), co-located with PLDI’16, June 2016
  • Matthias Springer and Hidehiko Masuhara, Ikra: Leveraging Object-oriented Abstractions in a Ruby-to-CUDA JIT Translator
    18th JSSST Workshop on Programming and Programming Languages, poster presentation, March 2016
  • Hidehiko Masuhara, and Yusuke Nishiguchi, A Data-Parallel Extension to Ruby for GPGPU, 9th Workshop on Reflection, AOP and Meta-Data for Software Evolution(RAM-SE’12), June 2012

(In Japanese)

ダウンロード